特待生審査募集要項


特待制度について

特待制度とは、入学時や在学中の成績が優秀な学生に対し学費の一部を免除するなどの特別な待遇を行う制度で、教育現場で広く用いられている制度です。

 

かつては私立学校(大学、高校、中学、専修学校などが、優秀な学生を確保するためにこの制度を用いてきましたが、近年は国公立大学法人化に伴い、国公立大学などでも導入する動きが広まっています。また、奨学金制度とは異なり、経済的に比較的余裕のある家庭の学生でも対象になることがあります。

 

本学院の特待制度について

 

当学院の進学コースでは、音楽大学、音楽高校を目指す多くの学生の皆様に進学の道を開く目的で、演奏能力、学力、人格等、特に優れた学生を対象に特待制度を実施しております。

 

特待制度の適用者は、当学院の学費(入学金、授業料等)の一部が免除されます。

 

特待制度の適用には、当学院で定める特待試験に合格する必要があります。詳しくはお問合せ下さい。

 

特待生の審査について

 

特待生を希望する生徒は当学院で審査を行います。特待生の認定については、当学院の設ける認定基準(演奏能力)、音楽力(楽典・ソルフェージュ)、学力(5教科)を満たす必要があります。
また、生徒の日頃の生活態度(出席状況、勉強への取組み)が品行方正である必要があります。

 

学費の免除について

 

当学院で特待生の認定を受けた場合、入学金と施設費の全額、及び授業料の一部が免除されます。詳しくは要項に記載されておりますので、お問合せ下さい。

 

出願資格と出願方法について



出願資格

当学院では、下記の①~③の全てを満たす生徒が特待生の出願資格を持ちます。

当学院の在校生、又は当学院に入学予定(希望)の校外生。
現在、小学校、中学校、高校、及び大学入学資格付与指定のある専修学校の生徒、高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)の合格者、及び高等学校卒業以上の社会人。
音楽高校、音楽大学(編入学含)受験を志望する生徒。



出願方法

下記のフォームより募集要項をお申込み下さい。進学コースの担当者より、その後の手順についてご連絡をさせて頂きます。

 

審査科目と考課対象となる内容



特待生審査の科目

【実技】

課題曲1曲、自由曲1曲を演奏して頂きます。

 

作曲も同様です。
当学院の指定する大学の1次試験(実技科目)の通過者は実技審査は免除されます。

 

【楽典・ソルフェージュ】

 

出願者の学習状況を確認した上で、進度に合わせて試験を課します。

 





その他、考課対象となる内容

芸術系志望者は英語、国語の評定平均(音楽高校志望者は5教科の評定平均)。
教育系志望者は5教科の評定平均。
コンクール等の入賞歴(無くとも良い)。
レッスンの出席状況、勉強への取組み(在校生のみ)。

審査の合否基準は非公開となっておりますので、予めご了承下さい。
特待生の認定を受けた生徒が、在学中に芸術系、教育系の志望が変わった場合、審査基準が異なりますので、再度特待審査を受ける必要があります。

 

各種評価制度

 

中学、高校のクラブ活動(吹奏楽、合唱、音楽部等)、又は個人で一定の音楽経験のある生徒、学力(5教科)優秀で意欲のある生徒など、上記の特待生認定が受けられない場合でも、各種評価制度による評価を行っております。
各種評価制度によって認定された場合、入学金の免除を受けることができます。

 

平成31年度・特待審査実施日

 

第1回:特待審査実施日
専攻実技      /実施日 7月15日(月・祝)/申込〆切 5月15日
楽典・ソルフェージュ/実施日 9月8日(日)/申込〆切 7月24日

第2回:特待審査実施日
専攻実技      /実施日11月未定/申込〆切 9月未定
楽典・ソルフェージュ/実施日 1月26日(日)/申込〆切11月27日
 

 

*第1回:特待審査結果の発表は平成31年9月下旬となります。
*第2回:特待審査結果の発表は平成32年2月下旬となります。
*審査は実技と楽典・ソルフェージュの2日間が対象となります。
*上記審査日において年2回出願ができます。


募集要項をご希望の方はこちらからお申し込みできます。



お名前
【必須】
例:音楽 太郎
フリガナ
【必須】
例:オンガク タロウ【カタカナ】
ご希望の内容
特待生審査 募集要項
貴方の専攻実技
【必須】
例:ピアノ、バイオリンなど
ご住所
【必須】
例:○○市△△町□□番地
ご質問
お電話番号
【必須】
(自宅または携帯電話)
例:01-2345-6789【半角数字】
Eメールアドレス
【必須】
例:xxxxxx@xxxxxx.co.jp【半角英数字】


※必須項目全ての入力がない場合、受付(返信)ができませんのでご注意ください。
※ご質問への返信はEメール、又はお電話にてご連絡をさせて頂きます。
※送信内容を受付後、募集要項を送付させて頂きます。